ビジネス

ホッピービバレッジが、素手でのトイレ掃除研修をホームページに掲載していることは、続けてほしい

投稿日:2018-03-07 更新日:

ホッピービバレッジが、ホームページの「採用情報」の「人材教育」のページに、若い社員がトイレを素手で掃除している写真を掲載し、ネット上で話題になっています。
「環境整備を通じ、心を真っ新にし、素直になる」ことが目的とのこと。
研修でトイレ掃除を行うのは、賛成も反対もありませんが、素手で行うのは不衛生で、合理的ではないと思います。食品メーカーでは、商品に対する印象も悪くなると思います。
素手でのトイレ掃除自体に賛否はありますが、不衛生で合理的ではないという考えを前提にすると、
ホームページに掲載していることで、入社希望者や新入社員は、

  • 採用に応募してから、または入社してから、素手でのトイレ掃除があるという事を知るよりも、応募前の時点で知ることができる。
  • この会社が、理不尽や非合理な指示命令にも従順に従う社員を求めているということが分かる。
  • 素手でのトイレ掃除など平気、理不尽や非合理な指示命令にも従順に従うことも平気、理不尽や非合理な指示命令にもうまく立ち回ることに自信がある人、はこの会社に向いていることが分かる。

というメリットがあります。
経営方針としては、トップの方針に従って従順に動く人材を求めているということでしょう。ホッピービバレッジには、トイレ掃除研修を続けるのならば、ホームページでの掲載を続けてほしいと思います。
また、googleで、「トイレ掃除 研修」で検索すると、結構他の企業も検索表示され、トイレ掃除が、多数の企業で研修に使われていることも発見できました。

-ビジネス

Copyright© シカドリの感心事 , 2021 All Rights Reserved.