グルメ

お勧め「ごはんのお供」2018/9/24 「過ぎるTV」紹介

投稿日:

2018年9月24日、朝日放送テレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」大阪人がオススメする「ご飯が進み過ぎるエエお供」で、紹介されたごはんのお供です。

■まずは、街頭インタビューからの紹介です。

・オーロラ印の味付けたら
早崎商店(福井県坂井市) 
タラの身を乾燥させて薄削りしたもので、福井県ではどの家庭にもあるソウルフードとのこと。
削り節に、旨味が凝縮した味が想像できます。

・ほたるいかの沖漬仕込み
マル海渡辺水産(兵庫県美方郡) 
そのままご飯と一緒に食べても、お茶漬けにしてもおいしいのこと。
ほたるいかの沖漬が、瓶詰で、家庭で食べられるのが良い一品です。

・塩うに
藤田商店(宮城県気仙沼市)
うにを塩漬けした濃厚な味で、東北ではメジャーな商品とのこと。贅沢な一品です。

・青とうがらし味噌
八百秀(徳島市)
味噌の風味と青とうがらしの辛さが合わさったもので、かなり辛いとのこと。辛さとうま味が合わさって食欲をそそるタイプです。

・セロリのキムチ
デバっ家(大阪市東成区)
大阪鶴橋のイートインもある韓国料理小売り店で売っている商品です。キムチは本来塩漬けするが、塩漬けせずセロリ本来の甘味と酸味を活かし、シャキシャキした歯ごたえもクセになるとのこと。
紹介した人は、センマイのキムチ、カニのキムチも買っており、これらも気になります。

・ねばねば昆布野沢菜
久世福商店
サンクゼールのセレクトショップ久世福商店の商品です。
昆布のネバネバと野沢菜のシャキシャキが合わさった商品で、海の幸と山の幸を合わせて味わえる商品です。

■次に、専門家である京都の「米料亭 八代目儀兵衛」の代表のお兄さん、料理長の弟さんの進めるごはんのお供が紹介されました。
(兄お勧め)
・鮭茶漬
安田食品工業(香川県小豆島町)
濃厚な味の鮭の身に、ししゃもの卵を混ぜた商品。そのままご飯と一緒に食べても、商品名の通りお茶漬けにしても絶品で、お茶はほうじ茶がお勧めとのこと。こだわりの商品です。

(弟お勧め)
・柚子こしょう 青
鍵屋(大分県由布市)
大分県産の柚子の皮と青唐辛子をすり合わせた柚子こしょう。料理長が料理の修行で訪れた湯布院の高級旅館「亀の井別荘」で販売しているとのこと。
そのまま食べてもおいしいが、料理長の考えたアレンジが、柚子こしょう、鶏のささみ、マヨネーズ、醤油を混ぜたもの。こうなると一品料理です。

ごはんのおともとして、バラエティのある商品が紹介されていました。どれもおいしそうで、お取り寄せできる商品も多いので、機会を見つけて食べていきたいと思います。

-グルメ

Copyright© シカドリの感心事 , 2021 All Rights Reserved.