暮らし

2018年春の花粉症対策の市販点鼻薬、血管収縮剤が主成分でない鼻水対策のおすすめだった2品

投稿日:

2018年春の花粉症対策の市販点鼻薬で、血管収縮剤が主成分でない鼻水対策のおすすめ2品は、ザジテンAL鼻炎スプレーα、AGアレルカットEXでした。

僕は花粉症歴は長いですが医療資格は持っていません。使用は自己責任でお願いします。

僕の花粉症の症状は、目のかゆみ、鼻づまりもありますが、鼻水が一番強くて辛いです。ひどい時は鼻の奥が腫れる感じがして、鼻水が止まらなくなり、タオルで鼻を抑えながら耐えています。花粉症シーズンの前には、病院に行って薬を処方してもらっていますが、それが間に合わなかったり、処方薬を飲んでいても症状が強い場合は、即効性のある点鼻薬を使っています。
点鼻薬は大きく、
・鼻づまりを解消する血管収縮剤を主成分とする薬
・体内でかゆみや炎症を呼び起こすヒスタミンを抑える抗ヒスタミンを主成分とする薬
・炎症全般を抑えるステロイドを主成分とする薬
があります。
鼻水対策で即効性があるのは抗ヒスタミン剤です。ただ、眠くなるという副作用が強いです。即効性は低いですが続けて使うと効果が高いのはステロイド剤です。
今年の春の花粉症の時期で一番ひどい状態になったのは、病院に行く前で、会社にいる時でした。鼻水が止まらくなり、市販の鼻炎薬を飲み、タオルで鼻を抑えながら抗ヒスタミン剤のザジテンAL鼻炎スプレーαを点鼻し、鼻水と眠気に我慢しながら耐えました。
次の日からステロイド剤のAGアレルカットEXを使い、その数日を乗り越え、病院に行きました。
今年はあわててドラッグストアで買いましたが、点鼻薬は年々新製品が出ており、ドラッグストアよりネット通販の方がかなり安い例もあり、抗ヒスタミン剤、ステロイド剤の鼻炎薬は、花粉症シーズン前に値段と効能をチェックし、常備しておこうと思いました。

-暮らし

Copyright© シカドリの感心事 , 2021 All Rights Reserved.