グルメ

天丼てんやの春のメニューごちそう春一番を食べた

投稿日:

天ぷらは外食で食べると高級品で、家で食べると準備から後片付けまで考えると手間がかかります。天丼てんやは、チェーン店で安定した品質の天ぷらを手軽にコストパフォーマンス良く食べることができるお店であり、重宝しています。
ごちそう春一番の値段は税抜き797円です。定番の天丼の値段が税抜き500円ですので、てんやの価格帯では、ごちそうです。

具材は、海老、赤魚の天ぷらがひとつずつと、イタヤ貝小柱、いか、せりのかき揚げ、それに、穂先竹の子の天ぷらとのりもついています。
春の具材は、かき揚げのイタヤ貝小柱とせり、穂先竹の子です。普段このような食材の天ぷらを食べる機会がないので、ごちそう春一番と名前を付けられてポスターなどで目にすると、シーズン中に一度は食べてみたいという気持ちになります。

赤魚は、てんやの説明書きによるとメバル・カサゴの仲間とのことで、ポルトガル産です。食感はふっくらとしており、身自体はくせのない魚の風味がするので、天ぷらと相性がよく天つゆの味も活きます。春が旬ということはないのですが、定番の海老に加えることで特別感があります。
定番商品に加えて、定期的に季節商品を出すてんやの工夫を感じる商品でした。おいしくいただきました。

-グルメ

Copyright© シカドリの感心事 , 2021 All Rights Reserved.